白内障について

白内障とは?
白内障とは、目の中の水晶体が濁(にご)るものです。
※水晶体は、ものを見る時にピントを合わせるレンズの役目をしています。
白内障の原因の第一は加齢ですが、糖尿病やアトピー、外傷などによっても起こることもあります。
白内障の症状
主な症状として、物がかすんで見えたり、ぼやけたりという視力低下があげられます。
明るいところや日差しの強いところに出ると、まぶしく感じる羞名(しゅうめい)という症状も出ることがあります。
めがねの度をいくら調整しても、見えにくい状態が続きます。
白内障の治療・手術について~目薬はあくまでも予防です~
白内障が軽度で、あまり視力に影響のない場合は、点眼薬を使用して進行予防を行います。(白内障の点眼薬は、水晶体の濁りがとるものではありません。)

日常生活に支障をきたす程進行した白内障に対しては、手術を行うのが一般的です。濁った水晶体を取り出し、人工のレンズ(眼内レンズ)に取り替える手術を行います。

※当院で使用する眼内レンズは単焦点レンズです。
 当院では日帰りにて白内障手術を行っております。
白内障かな?と思ったら
白内障の治療に関して、自己判断は大変危険です。
極度に進行した白内障では、現在一般的に行われている、超音波水晶体乳化吸引術が困難となり、眼球や体への負担が大きくなります。
自分が白内障かな?と思ったら、少しでも早い時期に眼科専門医の診察を受けることをお勧めします。

また、症状や進行の具合によって、手術の日程や方法、手術前の検査の内容が変わってまいります。
手術につきましてご不明な点、ご心配な点などございましたら、医師またはスタッフにお声かけ下さい。