睡眠時無呼吸症候群について

はじめに
睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは、睡眠中
に無呼吸が何度も繰り返される病気です。
SASは、生活習慣病と密接に関係しており
、放置すると心臓疾患のリスクなどが
高まります。また、SAS特有の眠気は交通
事故などを起こす危険性もあり、早期に
治療することが大切です。



睡眠時無呼吸症候群(SAS)の症状
いびきや昼間の眠気、熟睡感がない、起床時の頭痛などの 症状があります。
下記の症状に心当たりはありませんか?
もし気になる場合は、
一度簡易検査を受けられることをお勧めいたします。


眠っているときに・・・
  いびきをかく
  息が止まる
  呼吸が乱れる
  息が苦しくて目が覚める
  何度も目を覚まし、トイレに行く  など

日中、起きているとき・・・
  しばしば居眠りをする
  記憶力や集中力が低下する
  性格が変化する
  体を動かすときに息切れする    など


睡眠時無呼吸症候群(SAS)になりやすい人の特徴
生活習慣
 ・タバコがやめられない
 ・お酒が好きで、寝る前のお酒が習慣化
 ・太り気味、暴飲暴食してしまうことがある
 ・高血圧、糖尿病、高脂血症などの既往がある

見た目の特徴
 ・首が短い
 ・首が太い、まわりに脂肪がついている
 ・下あごが小さい、小顔
 ・下あごが後方に引っ込んでいる
 ・歯並びが悪い
 ・舌や舌の付け根が大きい

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、太っている男性がかかる病気というイメージがあるかも知れませんが、太っていなくても、痩せていても、女性でもかかる可能性のある病気です。
検査から診療までの流れ
初診
 問診・診察を行います。
 睡眠時無呼吸症候群について説明
 致します。
 スクリーニング検査の日程を決めて 頂きます。

※SASスクリーニング検査とは
鼻の先に付けたセンサーにより、睡眠中の気流状態をモニタ
リングし、睡眠中の無呼吸や低呼吸を把握する検査です。

検査当日
来院していただき、検査機器の使い方の説明を詳しく受けて
頂き、ご自宅に戻られたら、就寝前に検査機器を付け、普段
通り眠って頂きます。
翌日、使用した検査機器を当院までご持参頂きます。
結果の解析を行いますので、検査結果は後日受診した際に、
医師よりご説明致します。

簡易検査の結果によって
検査の結果によっては、精密検査やCPAP(持続式陽圧呼吸
療法)治療が必要となる場合がございます。
※すぐに治療の必要がないと判定された場合でも、半年~1年
 に一度は定期検査を受けられることをお勧め致します。
CPAP治療とは
CPAP(持続式陽圧呼吸療法)治療とは、鼻に装着したマスク
から空気を送りこむことによって、ある一定の圧力を気道に
かける方法です。
健康な人であれば、息を吸うと横隔膜が収縮して胸腔が広がり
、胸腔の中が陰圧になります。この陰圧によって空気が鼻の穴
からのどを通り、気管から肺に流れこみます。

しかし睡眠時無呼吸症候群(SAS)の人はこの陰圧によって、
のどのやわらかい組織が内側にひきこまれ、気道が狭くなって
しまうのです。狭くなった気道を空気が通ると、まわりの組織
が振動します。これがいびきです。完全に狭くなってしまうと
、無呼吸となってしまいます。

CPAPを使うとその風圧により、のどの中にスペースが確保
され、やわらかい組織を強制的に押し開きます。すると患者様
は鼻でスムーズに呼吸をすることが出来るようになるのです。