はやり目(流行性角結膜炎)について

はやり目とは?
はやり目(流行性角結膜炎)とは、アデノウイルスの感染によって起こる結膜炎です。
感染力が非常に強いのが特徴で、手や物を介して感染します。
(空気感染はしません)
発症は夏に多く、感染してから1~2週間後に症状が現れます。
はやり目の症状
主な症状として、
・目やにが多く出る(サラサラしていたり、目が開かないくらい出ることもあります)
・涙が出る
・ゴロゴロする(異物感)
・充血、まぶたの腫れなど

症状が重い場合は黒目(角膜)にキズが付き、濁る(角膜混濁)ことがあります。
治療について
直接ウイルスに効く点眼薬はありませんが、他の感染を防ぐ抗生剤の点眼薬や、炎症を抑える点眼薬を使用します。
はやり目をうつさないために
主に手や物を介して感染します。人にうつさないようにするには、以下のことに注意が必要です。

・目をこすったり、触らない
・よく手を洗う(同居のご家族の方も)
・目薬をさす前後は特によく手を洗う
・お風呂は一番最後に入る
・バスタオルや手拭のタオルは分ける
・学校はお休みする(学校伝染病において、第3種感染症に指定されています)