眼科のご案内

眼科医師紹介
隂山 俊之(理事長・院長)
 ・医学博士
 ・弘前大学医学部臨床教授
 ・昭和大学藤が丘病院兼任講師
 ・日本眼科学会会員
 ・日本眼科手術学会会員
 ・日本網膜硝子体学会会員

隂山 美樹(眼科部長)
 ・日本眼科学会会員

大橋 利史(非常勤)
 ・日本眼科学会会員
対象疾患・診療内容・専門分野
・白内障
・緑内障
・糖尿病網膜症、網膜静脈分枝閉塞症、網膜剥離などの
 網膜疾患
・黄斑円孔、黄斑前膜、加齢黄斑変性症などの黄斑疾患
・メガネ、コンタクトレンズの検眼

当院眼科では、メガネ、コンタクトレンズなどの検眼はもちろん、白内障、緑内障などの手術・治療を受けることができます。また、糖尿病網膜症、黄斑円孔、黄斑前膜などの病気は、隣接する南部病院にご紹介し、硝子体手術などの専門的な治療を行っております。
視力低下が気になり、メガネが必要と感じたら、一度眼科を受診して検査を受けることをおすすめします。
中高年の方は、単純な老眼ではなく、白内障や緑内障、眼底出血などで視力低下を引き起こしている場合があります。
特に緑内障は、病状が進行していても、視力が保たれる場合もあり、ご自身では気づきにくい疾患です。

眼の病気の早期発見の為には、一度眼科医による健診を受けておけば安心です。
眼科の診療について
眼科診療には、診察及び診察前の検査が重要となります。
屈折検査、視力検査、眼圧検査、散瞳しての眼底検査など、検査の種類も多くございます。これらの検査結果を併せて、総合的に診断及び治療を行っております。

ご自身の自覚症状や既往歴なども、診療に重要な情報です。問診票の記入はおわかりになる範囲で結構ですので、よろしくお願いします。
問診票を書くのが困難な方は、スタッフが記入いたしますので、ご遠慮なくお声かけ下さい。
混雑緩和の取り組みについて
検査に時間を要する特殊検査は、予約制で行っております。

手術前検査・視野検査・蛍光眼底造影検査・・・曜日限定
小児の検査・・・月曜日(午後)、第2土曜日

※なお、初めていらした方はこの限りではございません。
 皆様のご協力をお願いいたします。