運転免許の更新について

当院でもよくご相談される、運転免許の更新について御紹介いたします。

運転免許の更新について
運転免許の更新や、高齢者講習の際に視力検査で不合格だった場合、免許を更新することができません。

眼科を受診され、検査にて視力が良好であれば、眼鏡の処方や眼鏡度数の変更で解決することがほとんどですが、眼の病気によっては、眼鏡をかけても視力が出ない場合もございます。

最近見えづらい、めがねの度が変わったようだ、運転免許の更新が心配という方は、眼科専門医の受診をお勧め致します。

実際の車の運転に必要な視力
運転免許更新時には、視力がそれぞれの免許種別により異なります。
原付・小型特殊
両眼で0.5以上。片目が見えない場合は、他眼の視野が左右150度以上で視力0.5以上。
中型・普通・自動二輪・大型特殊
両眼で0.7以上、かつ片眼でそれぞれ0.3以上。
片眼が0.3未満、もしくは片眼が見えない場合は他眼の視野が左右150度以上で視力0.7以上。
大型・けん引・第二種
両眼で0.8以上、かつ片眼でそれぞれ0.5以上。
深視力は三桿法の検査器により2.5メートルの距離で3回検査し、その平均誤差が2センチメートル以下。
種別 基準
原付
小型特殊
両眼で0.5以上。
片目が見えない場合は、他眼の視野が左右150度以上で
視力0.5以上。
中型
(8t限定)
普通
自動二輪
大型特殊
両眼で0.7以上、かつ片眼でそれぞれ0.3以上。
片眼が0.3未満もしくは片眼が見えない場合は他眼の視野が
左右150度以上で視力0.7以上。
大型
中型
(限定なし)
けん引
第二種
両眼で0.8以上、かつ片眼でそれぞれ0.5以上。
深視力は三桿法の検査器により2.5メートルの距離で
3回検査し、その平均誤差が2センチメートル以下。
 
免許の更新と白内障手術
白内障が進行して視力が下がったために、運転免許の更新ができなくなるという事態はよくあります。
この場合は、白内障手術を受けることで、良好な視力が期待でき、免許を更新できる可能性が高いです。
(眼底(眼の奥)など、白内障以外にも病気があれば、眼鏡をかけても視力が出ず、免許の更新をできないこともございます。)

二種免許・大型免許の場合
大型免許、二種免許などの場合、通常の視力検査の他に、深視力(遠近感や立体感を調べる検査)を受ける必要があります。
ものを立体的に見る力は、子供の時に決まってしまい、大人になってから向上させることは基本的にはできません。
ですが、白内障手術が進行したために検査を通らなくなっていることもあり、この場合は白内障手術を受けることで解決することもございます。
※必ず通るというわけではありません。
最後に
運転免許は近隣地域で生活する方にとっては必要不可欠なものです。
免許の更新が出来なければ、日常生活においても大変ご不便されるかと思います。
免許の更新で視力検査に合格できなかった、運転免許の更新が心配という方は、お気軽に眼科スタッフまでお声掛け下さい。